医師紹介

井手 衆哉

院長 井手 衆哉

2019年4月より鶴田整形外科に赴任し、院長を拝命いたしました。

これまでは、佐賀大学整形外科にて、主に膝関節のスポーツ外傷、障害や、変形性膝関節症の診療や手術にたずさわってきました。

ここ、鶴田整形外科では、幅広い年齢層の腰や膝、肩や手足の痛みや運動器障害の方がたくさん受診されています。その原因はスポーツ外傷•障害から日常生活、お仕事上の負担、年齢的な変化など様々ですので、レントゲンやMRIなどの検査で的確に診断し、より効果的な治療法がご提案できればと考えております。

特に膝関節は痛みが出やすく、持続しやすい関節でもあり、そのような方の膝の悩みを少しでも改善できればと、日々の診療に取り組んでおります。膝に限らず、肩から手足、首から腰などの痛みや運動器障害でお困りの方は、気軽に受診され、ご相談いただければと思います。

経歴

平成5年
佐賀大学医学部附属病院 整形外科 医員
平成6年
杏林病院
平成7年
国立三角病院 整形外科
平成9年
国立長崎医療センター 整形外科
平成12年
福岡整形外科病院 整形外科
平成15年
多久市立病院 整形外科 医長
平成19年
佐賀大学医学部附属病院 整形外科 助教
平成26年
佐賀大学医学部附属病院 整形外科 人工関節学講座 准教授
平成31年(令和元年)
医療法人友和会 鶴田整形外科 院長
現在に至る

所属学会・認定資格など

  • 日本整形外科学会認定 整形外科専門医
  • 日本スポーツ協会公認 スポーツドクター
  • 日本整形外科スポーツ医学会 代議員
  • 日本osteotomy forum 世話人
  • 九州膝関節研究会 世話人
  • 九州・山口スポーツ医・科学研究会 運営委員
  • 佐賀県スポーツ協会 スポーツドクター部会長
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学 JOSKAS
  • 日本人工関節学会 など